「をのこ」のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS O垣車両区に留置中の富士山トレイン117

<<   作成日時 : 2012/01/20 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 久々に盛大に鉄分補給をした をのこ です。皆さん、如何お過ごしでしょうか?その旅程は前回の記事で、詳しい旅行記は次回から書こうかと思っています。この鉄分補給旅行で、人並み程度には仕事がはかどれば(!)良いのですが…

 さて、新幹線株式会社とまで揶揄されるほど在来線に力を入れていないJR倒壊ですが、ここ最近、JR急襲の経営方針に習ってか、リバイバル塗装やジョイフルトレインを走らせることが多くなってきました。その中にあるのが「トレイン117」です。
 これは、313系の増備によって余剰が出はじめた117系を改造したものです。その中の最大のウリは、2号車のドアを取っ払った「ウィンディスペース」です。元々は、いい打線…もとい飯田線でそよ風を感じてもらおうというコンセプトの車両ですが、その後は(まだ肌寒い)初春の濃尾平野を110kmでぶっ飛ばすなど、なかなかの凶器と化している感のある車両です。
 その車両が、1月27日から3月4日にかけて、「富士山トレイン117」と称して静岡〜沼津〜御殿場を走る事になっています。この車両、所属はO垣車両区ですが、普段は豊橋運輸区に常駐していて、なかなか見る機会がありません。その車両が、何とO垣車両区に留置されていたので激写です。

O垣車両区に留置中のトレイン117
画像

逆光になるけど…北隣の公園から真横を激写
画像

 素晴らしいことに、電車区の中でもかなり見やすい位置に留置中。この留置線群の北側には小さな公園があるので、ほぼ逆光になるのが難ですが、そこから真横も撮影することができました。側面には大きな富士山の絵がかかれています。ただし窓ガラスまではフィルムが貼られていないので、富士山と認識しにくい…でも、北側の窓にフィルムを貼ったら、肝心の本物の富士山が見にくくなるからしゃぁないかぁ。
 しかし、冬の御殿場でのウィンディスペース…どんな寒さなんだろう?因みに、4月には再び「水都O垣トレイン」が走る予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
O垣車両区に留置中の富士山トレイン117 「をのこ」のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる